「メディカルトリートメントは気楽に受けるが”旬”」

季節のコラム 5月

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ、言わずもがな、紫外線もどんどん強くなっております。
お肌には厳しい季節到来ですよね~。

もちろん、冬もお肌にとっては過酷な状況はあります。でも冬のダメージの基本は「乾燥」オンリーだと思いません?

一方、初夏から真夏は恐ろしいほど肌にダメージを与える要素がいっぱいです。
「強い紫外線」「室内外の温度差」「空調による冷えや乾燥」「高湿度による不快感」…挙げたらきりがないほど。
ということで、肌のダメージを考えると、夏のほうが断然強烈だと思うのです。
し・か・も、今年の夏は想像を超える猛暑との予報…つらいよね~😢

なんて嘆いている暇があったらメディカルトリートメント!
僕はメディカルトリートメントと、自分なりに賢くお付き合いしています。

例えば、肌の新陳代謝を整えるための「ピーリング」は定期的に受けています。

そして半年に一回のペースで、お顔の引き締めのための「ウルセラ」と「サーマクール」も欠かしません。
なぜなら妙齢になったらゆるんだフェイスライン、頬の毛穴、特にたるみ毛穴はご用心だもの。
若いころの皮脂分泌のために毛穴が広がるなんて症状ではなく、肌のたるみと共に毛穴が涙型になり、それがつながって帯状毛穴となる…ニコって笑うと出る、毛穴と毛穴が繋がった毛穴連鎖によって起こる帯状毛穴ですから!! これはもうシワの領域よね。 だからね、その原因を断つために「ウルセラ」と「サーマクール」治療を受けているのです。
両治療も熱の力でお顔を引き締めるというもの。

この治療はいいよ。切るわけでも、縫うわけでもないのに、キュッと引き締まることを実感できる! 帯状毛穴が目立たなくなるのも分かる!! その効果に納得できる!!!
ちなみに僕の受けるタイミングは「顔が緩んでるわ~」と思ったとき。この感覚は逃さないのっ。

ご参考までに僕はね、お野菜の葉っぱがヒートショックプロテイン(50℃のお湯にしばらく浸けていると、シャキッとよみがえってくる現象)でシャキッとするイメージ、フレッシュになるぞ♡っていうイメージでメディカルトリートメントを受けています。

ということで、化粧品だけではなかなか緩和できない肌の症状には、メディカルトリートメントを受けましょ♪ なんて甘いことはもう言いません。やらないとダメ~~!!

文:植松晃士 / Uematsu Koji

数々のファッションブランドのPRを手がけるほか、ファッションプロデューサーとしても活躍中。 TVや雑誌などの多くのメディアで、女性のファッションに対する独自の視点と、その辛口トークが大好評。

関連エントリー