皮脂過剰な毛穴を改善する『マイクロボトックス』

毛穴といっても、皮脂毛穴やたるみ毛穴、種類はいろいろ。一番悩みが多くて、夏により気になる毛穴は皮脂毛穴ですよね。今回は、皮脂毛穴のできる理由とその改善方法についてお話を伺ってみました。

教えていただく医師
セラクリニック 櫛方暢晴院長

URL:http://www.sera-c.jp/

Q.1 なぜ毛穴は開いて大きくなるのですか? 

A.加齢や紫外線などの影響で肌内部にある組織が弱くなってゆるむことで、肌表面が広がり毛穴が目立って見えてしまいます。これがたるみ毛穴といわれるものですね。
また、若い人でも代謝が悪くなったり、過剰な皮脂の分泌によって皮脂腺が発達して毛穴が開いてしまうことがあります。

Q.2 毛穴の治療として、どのようなものがありますか?

A.患者様の年代や毛穴の状態や症状によって、治療法はさまざまです。
『サーマクール』や『ケミカルピーリング』、『超音波』、肌質を改善する『フラクショナルレーザー』などがありますが、たるみによる毛穴の開きはタイトニング作用のある治療法がお勧めです。 そして、30~40代の代謝が悪くなっている、皮脂が過剰になっているという毛穴の開きには『マイクロボトックス』がおすすめです。

Q.3 『マイクロボトックス』とはどのような治療法ですか?

A.元々、表情ジワを改善するための治療、ボトックス注射を応用したもので、適量のボツリヌストキシンを注入することで皮脂腺や汗腺の働きを抑えます。毛穴が開いてしまうのは、皮脂がたまり、それを外に出そうとするから。筋肉の働きを抑える効果のあるボトックス注射ですが、それを筋肉に打つのではなく肌の浅い層に細かく打つことによって、皮脂腺や汗腺などの働きをストップさせ、毛穴をだんだん閉じるようにするものです。幅広く細かく打つため、当院では均一に打てるよう、注射針が極細で小さな3本になっているタイプを使用します。

マイクロボトックス

Q. どのような状態の毛穴に効果的ですか?

A.額、頬のあたりや鼻といった、皮脂が過剰に分泌される部位に打つことが多いですね。注射針が3本に分かれているタイプを使用するため、広範囲に打つこともできるので、ある程度の広い部分の毛穴の開きでしたら治療できます。主に、額、鼻、頬に打ちます。

Q. 痛みはありますか? 治療時間はどれくらいかかりますか?

A.治療前、肌の表面に麻酔をするので、痛みはあまり感じないと思います。
治療全体ではカウンセリングを含めて1時間くらいあれば終わるでしょう。

Q. 1回で効果はありますか?

A.1回打ってすぐにではなく、1週間くらいすると毛穴が目立たなくなってきます。徐々に効果を感じるのが特徴です。
お化粧ノリがよくなったことで、毛穴の閉まりを感じる方も多いですね。

Q. 治療期間の目安と料金を教えてください

A.鼻から頬のあたりで1本が目安です。1本¥30,000~(価格表は別途参照)。
ただ、マイクロボトックスは他のボトックスと同様、効果は半年ぐらいしか持ちません。3~4ヶ月したら追加注射をしたほうが毛穴改善には有効です。(価格表はセラクリニックHP参照)

『マイクロボトックス』症例

(本サイトの金額は全て税抜き価格です)

取材・文:中尾 慧里 / Eri Nakao

ビューティライター / チャイルドボディセラピスト
スキンケア、メイクなどの美容や健康に関する取材、執筆を中心に活動。雑誌、ウェブ、美容メーカーのホームページやリリースなど多岐にわたり活躍する。

関連エントリー