二の腕、お尻の「クールスカルプティング」治療

ノースリーブは着たいけれど二の腕のたるみが気になる… パンツをきれいに履きたいのにお尻がたるんできて… 肌の露出が増えるこの時季、こんな悩みの声を多く聞きます。 解消するには、やはりダイエットしかないの?  そんな時こそ、メディカルトリートメントの出番。 「クールスカルプティング」治療を受ければ、 しっかりと効果を実感できるのですから! そんな理想的な治療法「クールスカルプティング」について 知識を深めてみませんか?

教えていただく医師
アオハルクリニック 小柳衣吏子院長

URL:https://www.aohalclinic.jp/dr

Q.1二の腕やお尻のたるみの原因を教えてください。

A. 二の腕やお尻にハリがない、以前よりゆるんで見える原因は、エイジングです。 加齢に伴い、代謝が下がると脂肪がつきやすくなる上、筋肉量が低下することで、脂肪や肌がダラッと下垂し、二の腕やヒップもたるんだ印象になります。 また、年齢を重ね、女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる“中年太り”も、二の腕やヒップのラインをゆるんで見せる一因です。

Q.2二の腕やお尻のたるみ治療にはどのような種類がありますか?

A. 当クリニックでは、二の腕やヒップのたるみにアプローチする方法として下記の選択肢があります。
★インディバ
高周波治療の一種。内臓脂肪などの体の深い部分にある脂肪に効果があります。

★エンダモロジー
マシンを用いる治療。肌表面が凸凹して見えるようなセルライト(皮下脂肪)解消のため、血流やリンパの流れの滞りを改善します。

★クールスカルプティング
脂肪細胞そのものを減らすようにアプローチするマシンを用いる治療。“バルジ”と呼ばれ、膨らみがあり、手でつかめるような脂肪には最適です。

一般的には、内蔵脂肪だけ、皮下脂肪だけ……を減らしたいということは、ほとんどないため、上記の治療法を組み合わせるコンビネーション治療のケースがほとんどです。

Q.3それぞれの治療法について、詳しく教えてください

A. ★インディバ
インディバという高周波マシンは、体の表面ではなく深部体温を上げることで、内蔵脂肪を燃焼しやすい状態へと導きます。 この治療は、ペースメーカーをご使用の方、医療電子機器をご使用の方、妊娠中の方はお受けいただけません。また、皮膚に異常が認められる方はお受けいただけない場合もあります。

★エンダモロジー
エンダモロジーには、パワフルな吸引&揉みほぐし効果があります。 頑固なセルライトをつぶしてならし、凸凹の目立たないなめらかな肌表面を手にすることができる治療です。 妊娠中の方、ペースメーカーをご使用の方、医療電子機器をご使用の方のほか、伝染病、進行性の腫瘍、静脈炎などの症状が見られる方には適していません。

★クールスカルプティング
クールスカルプティングは、脂肪細胞を凍らせて破壊し、それが体外へと排出されることで、余分な脂肪を除去することができるというのが特徴です。 説明を聞く限りでは、とてもハードな治療のような印象を受けるかもしれませんが、メスを使わず非侵襲でダメージの少ない治療です。また、厚生労働省の承認を得た治療機です。

二の腕やお尻の下の減らしたいと思う贅肉に専用のアプリケータを装着し、一カ所35分程度冷却します。その間は、ラクな姿勢で待っているだけ(当院の施術は、個室で行うので携帯通話やパソコン操作なども可能です)。 施術部分が冷える感覚はありますが、激しい傷みなど辛さを感じるようなことはほぼありません。 これほどの手軽さながら、装着した部分の脂肪をたった一度で約20~25%も消滅させることができ、その手応えの大きさから“メスを使わない脂肪除去治療”として世界中で人気を集めています。

Q.4『クールスカルプティング』治療は、気になる二の腕やお尻などにはどのように作用し、どのような効果が得られるのか教えてください。

A. 水は0℃で凍りますが、脂肪が凍るのは4℃。この融点の温度差を利用し、肌やほかの組織にダメージをあたえることなく、狙った脂肪細胞だけを凍らせて死滅させ、体外へと排 出することで、部分痩せを実現できるのがクールスカルプティングの特徴です。 死滅した脂肪細胞は2~4カ月かけて自然に体外へと排出(尿など)されていき、結果として、脂肪細胞自体の数を減らすことができるので、リバウンドしにくいというメリットがあります。 ダイエットや食事制限などでも落ちないヒップやの二の腕の頑固な脂肪を確実に取り除くことができます。

Q.5『クールスカルプティング』を使用した二の腕やお尻治療は、どのような方にお勧めですか?

A. クールスカルプティングは、アタッチメントが贅肉を吸い込みながら挟むような状態で施術を行う治療です。そのため、二の腕の下の部分(いわゆる“振り袖肉”といわれるところ)を鷲掴みにできる方に向いています。 ヒップは、気になるたるみ感を消し、丸みを美しく見せるためには、お尻と太ももの付け根についた脂肪にアプローチします。そのため、鏡で後ろ姿を見た時、ヒップのお肉が垂れて境目がなくなっている、つけね部分にたっぷりお肉がついているという方に最適です。クールスカルプティングによる脂肪除去効果によって付け根まわりがスッキリすると、ヒップラインが見違えるように変わります。

そのほか、部分痩せを願っているけれど脂肪吸引などの手術は避けたい、ラクに脂肪を減らしたい、リバウンドを避けたいという方、厚生労働省基準の安全性を重視する方などにも最適な治療法です。

Q.6『クールスカルプティング』治療で、こういった症状が出ている、もしくはこのような肌質や体質の人には向かない、などありますか?

A. 脂肪の量が少なく、アタッチメントに贅肉を挟み込めない方には、施術の結果が十分に得られない可能性があるため、別の治療を提案する場合があります。 肌を冷却する治療のため、寒冷蕁麻疹の方には向いていません。また、肌を強く吸引する治療のため、皮膚に異常が認められる方、術後、傷が完治していないなどにも施術を行えない場合があります。

Q.7『クールスカルプティング』治療のダウンタイム、注意点等はありますか?

A. 治療後に見られる一般的な副作用は、一過性の赤み、腫れ、内出血、ヒリヒリ・チクチク感、かゆみ、痛み、知覚鈍麻、敏感になるなど。そういった症状は時間と共に軽減し、早ければ即日、長くても数週間で確実に消失します。 稀なケースですがひりひり感や知覚麻痺は最長で2〜3週間ほど続くことがあります。

Q.8『クールスカルプティング』治療の料金と目安の治療時間、効果効能持続期間を教えてください。また、何回か繰り返す場合は、目安の回数も教えてください。

A. クールスカルプティングは、効果が完全に出るまでの期間が3ヶ月程度です。 アポトーシス(自然死)した脂肪細胞が元に戻ることはなく、施術で得た効果はずっと続くと考えていいでしょう。 死滅した脂肪細胞が約2~4ヶ月かけて完全に排出された後、もっと痩せたいと感じれば、再び施術をお受けいただくというペースを、私のクリニックでは提案しています。

施術回数は個人差がありますが、二の腕は一回で満足いく結果が得られることが多く、繰り返し行う必要がない方がほとんどと感じています。 ヒップに関しては、落とす脂肪の量や目指すラインによって治療回数が変わってきます。 カウンセリングの際に理想とするヒップの状態をうかがった上で、治療回数がおおよそ何回になるかをお伝えしています。

また、一日に繰り返し行うことができるので、遠方の方などは、いろいろな部位を一気にまとめて行うこともあります。

治療時間の目安は、1カ所35分にプラスして、カウンセリングやお着替えの時間として30分程度見ていただければと思います。

料金は、使用するアタッチメントによって異なります。 二の腕に適したクールフィットは¥60,000、太ももの外側に適したクールスムーズは¥100,000、照射エリアが基本の2.5倍のワイドサイズのクールマックスは¥120,000です。

お尻と太ももの境目についた脂肪には状態に応じて、クールカーブプラス又はクールコアを使用します。価格はどちらも¥60,000です。
(すべて1カ所・1回の施術料金)

Q.9『クールスカルプティング』治療後の注意点はありますか?

A. 赤みが一定期間残ることがあります。二の腕やヒップを露出する予定がある場合には、その赤みが目立ってしまうことがあるので、注意が必要です。 また、治療当日から入浴は可能です。ボディクリームなども塗ることも問題ありません。

(本サイトの金額は全て税抜き価格です)

取材・文:金子 優子 / Yuko Kaneko

美容ライター
美容専門誌を中心に、書籍やウェブなど多くのメディアで執筆。スキンケアからメイク、美容医療まで幅広く、専門的な情報をわかりやすく伝えることを得意とする。

関連エントリー