「注入によるシワ対策」治療

シワ、と一言で言っても、さまざまなシワがあります。 目尻に出てくるカラスの足跡と呼ばれるようなシワ、ほうれい線のシワ、目の下のちりめんのようなシワ……。 どうしてシワができてしまうのか? 原因をつきとめながら、「注入によるシワ対策」治療の種類、それぞれのメリットをご紹介します。

教えていただく医師
教えていただく先生:麻布ビューティクリニック 加藤聖子院長

URL:https://www.abcsalon.co.jp

Q 顔や体にシワができる原因を教えてください。

A 原因はいくつか考えられます。 まず、シワは表情を動かすことでできます。例えば、お尻は表情がないのでたるみはできてもシワにならないですよね? 次に、コラーゲンやエラスチンなど肌弾力を支える物質が加齢で減ってくること。そして、肌がたるんでくることによる折りジワ。また、乾燥が原因となるシワもあります。 また、シワは日光にどれだけさらされたか?ということにも左右されます。 紫外線は肌内部にある肌の弾力線維でもあるエラスチンを分断させるので、シワができやすくなるのです。 生活習慣では、喫煙、ストレス、不規則な生活がシワを作る原因と考えられています。そして、表情が豊かな人もシワになりやすいですね。笑う門には福きたる、と言いますがシワもやってきます(苦笑)

Q「注入によるシワ対策」治療にはどのような種類がありますか?

A クリニックにおける「注入によるシワ対策」治療には、ボトックス、ヒアルロン酸、コラーゲンがあります。

Qそれぞれの治療法の効果効能、どのように作用してその効果が得られるのかを教えてください。

A ★ボトックス
ボトックスは表情を強く動かさないようにするために打ちます。 表情によってできるシワに効果的です。ボトックスは筋肉をゆるめる働きがあり、眉をひそめた時にできるシワや目尻のシワなどを目立たなくします。ただ、深く刻まれたシワには有効ではありません。 個人的には、ボトックスは予防するための施術と考えています。なぜなら、ボトックスを注入することでシワが深く刻まれるのを抑えることができるからです。30代半ばくらいになってシワかな?と思うものがあれば、早めにボトックス注入治療をおすすめします。

★ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、刻まれたシワに有効です。 ヒアルロン酸には種類や硬さがいろいろあり、クリニックや施術部位によって使い分けられます。シワに対しては、溝を埋めるというイメージをしてもらえればわかりやすいでしょう。 また、たるみによるシワには、たるんでいる部位に注入して持ち上げることで解消させるという手法が主流です。例えば、ほうれい線ができるのは頬骨あたりからたるんで下がってきた肉のせいなので、下がってきている部分にヒアルロン酸を注入してたるみを解消し、ほうれい線を目立たなくさせるというものです。

★コラーゲン
コラーゲン注入は、肌表面のシワを消しゴムで消すようなイメージ。 私のクリニックではベビーコラーゲンを使用しています。ヒアルロン酸とは違い、自分の肌にあるコラーゲンを活性化させる働きがあると言われています。 ただ、コラーゲンは柔らかい素材なので深いシワにはあまり有効ではありません。 また、ヒアルロン酸もコラーゲンもボトックスと併用することで、より高い効果が期待できます。

Q「注入によるシワ対策」治療は、具体的にはどのような症状が出ている方にお勧めですか?

A シワは刻まれる前に、早め早めにケアしたほうがいいでしょう。 鏡を見て、ニコッと笑うなど表情を作った後、何も残らないなら大丈夫ですが、ちりめんジワ状態だったり、ちょっとでもシワが残るようなら、ボトックスから始めてみてはいかがでしょうか。

★ボトックス
ボトックスは1970年代からあるもので、ボツヌリス菌=毒を注入するイメージが先行して怖いとおっしゃる方もいらっしゃいます。しかし、医療の現場でずっと使われてきたものですし、シワに対する効果は3ヶ月~半年で消えてしまいます。つまり肌に残らないので安全ですし、効果は抜群で副作用もないですし、個人的にはとてもいい製剤だと思っています。 ボトックスで強張ったコワい顔になるという声もありますが、それは使う量や注入部位によるもの。ごくごくナチュラルに仕上げることは可能です。また、ボトックスは毛穴を引き締め、皮脂を抑える効果もあるので、注射した部位はつややかな美肌になります。

★コラーゲン、ヒアルロン酸
シワが深くなってきているのなら、コラーゲンやヒアルロン酸を注入する治療もあります。コラーゲンは4〜6ヶ月ほど状態をキープできますし、ヒアルロン酸はシワを埋める用のものは半年ほどは持ちます。続けて施術していくうちにシワが浅くなるという働きもあります。

Q「注入によるシワ対策」治療で、肌質や体質的に受けないほうがいいということはありますか?

A 基本的にはどなたでも受けられます。 ただ、ボトックスの場合は、添付文書上は65歳までとなっています。なぜなら、ボトックスは筋肉をゆるめて皮膚を伸ばす作用があるため、肌に弾力、ハリがなくなっている方には不向きと言えますね。

Q「注入によるシワ対策」治療の、それぞれのダウンタイムや術後の注意点はありますか?

A ★ボトックス
ダウンタイムありません。 内出血のリスクが多少あるかもしれませんが、稀です。ただ、当日マッサージはしないでください、とクリニックでは説明します。表情筋に打つのですが、万が一ほかの部位に流れてしまわないように、というためです。施術後すぐのメイクや洗顔などは大丈夫です。

★コラーゲン、ヒアルロン酸
術後2時間ほど待ってからメイクしてください。 針穴から雑菌などが入るのを避けるためです。また、2~3日は針跡や赤みが多少出ることがあります。

Q「注入によるシワ対策」治療のそれぞれの目安の料金と、治療の目安時間、何度か受ける場合は頻度も教えてください。

A ★ボトックス
麻酔に10~15分ほど、施術そのものは5分ほどで終了します。 3ヶ月~半年の持続効果があるので、2回目以降は切れる前に再度注入されるといいでしょう。 目安の料金は、アラガン社のボトックスビスタの場合で眉間¥25,000、額¥30,000、眉間と額のセットで¥40,000、目尻両側で¥30,000。

★ヒアルロン酸、コラーゲン
麻酔に10~15分ほど、施術そのものは数十分なので1時間見ていただければ大丈夫です。ヒアルロン酸は6〜24ヶ月(シワを埋めるのに用いるものは6ヶ月)、コラーゲンは4〜6ヶ月ほど効果が持続します。 目安の料金は、ヒアルロン酸は1本で75,000円、2本セットで120,000円。コラーゲンはベビーコラーゲンで、0.5本で60,000円、1本で120,000円です。

※1本あたり1cc
※初診料・再診料・針代・麻酔代すべて含む
※加藤院長指名料金は異なる

(本サイトの金額は全て税抜き価格です)

取材・文:中尾 慧里 / Eri Nakao

ビューティライター / チャイルドボディセラピスト
スキンケア、メイクなどの美容や健康に関する取材、執筆を中心に活動。雑誌、ウェブ、美容メーカーのホームページやリリースなど多岐にわたり活躍する。

関連エントリー