イボ、首のぶつぶつ治療

ふと気づいたら、顔やおなか、背中、首にイボやぶつぶつが! いつの間にかできてしまっていることが多いですが、 何が原因でどうしてできてしまうのでしょう? 気になるからとつい触ってしまうことも多いですが、 刺激が原因で増えてしまうこともあるそう。 また、たまに悪性の可能性も潜んでいるので クリニックで診断してもらうのがいいでしょう。 今回は、イボ・首のぶつぶつの治療についてお届けします。

教えていただく医師
教えていただく先生:あきこクリニック 田中亜希子院長

URL:http://www.akiko-clinic.com/

Q イボにはどのような種類がありますか?

A 大きく分けて、イボには2種類あります。ウイルス性か、ウイルス性ではないか、です。ウイルス性の場合、手のひらや足の裏といったような角質が厚いところにできることが多く、首にできることはほとんどありません。
一方ウイルス性ではない場合、脂漏性角化症と呼ばれるもの。または首にできるぶつぶつは、1mm程度のものはアクロコルドン、2~3mm程度のものをスキンタッグと呼ばれます。また、それより大きいものもありますが首にできるものは、概ねこの2種類ですね。一般的には首のイボと呼びますが・・・。
脂漏性角化症は背中などにできることが多く、隆起はそれほどしていなくて、どちらかと言えば扁平な感じです。大きさはそこそこあり、黒ずんでいるものが多いですね。そして、白っぽく盛り上がっているものはアクロコルドン、スキンタッグと考えていいでしょう。

Q 首のぶつぶつの正体は何ですか?

A 首にできるぶつぶつは、さきほどお話したアクロコルドンかスキンタッグがほとんどです。これは基本的に良性腫瘍なので心配することはありませんが、放っておいても自然に治るものでもありません。また、たまに悪性の場合もあるので、気になるようならクリニックで診断してもらいましょう。

ぶつぶつができる原因としては加齢、摩擦、紫外線が考えられます。30代頃からでき始めることが多く、40代以降増え始めます。細胞の修復機能が衰えるため、どうしてもできやすくなると考えられます。 もちろん加齢だけではなく、アクセサリーやマフラー、スカーフといった巻き物の刺激で増えることもありますし、紫外線が当たることでできることもあります。 例えば、夏、ネックレスをつけていて汗や紫外線が原因となってぶつぶつが増えるという例もあります。 それから、遺伝や体質的にできやすい方もいます。また、喫煙習慣がある方は、喫煙していない人よりもビタミンCを破壊しているので、肌トラブルが多くなり、ぶつぶつも増えやすくなるかもしれませんから要注意です。

Q 除去してもいいイボと、除去してはいけないイボはありますか? その場合は違いを教えてください。

A 除去していけないものはありません。 悪性の場合は適切な診断のもと、適切な方法で除去しなくてはなりません。 良性の場合でも、自然には治らないので見た目が気になる方は除去してかまいません。 自分でさわったり、自己判断で市販の薬を使ったり、ハサミで切ったりするのはおすすめしません。触れる刺激でイボが増えることもありますし、どういう種類のイボかわからないままに処置するのはリスクが高いのでやめましょう。

Q 貴院ではどのようなイボ・首のぶつぶつの治療法がありますか?

A 当院では3種類あります。①ハサミで根元から切る方法 ②電気メスで削り取る方法 ③炭酸ガスレーザーで薄く削り取る方法です。 ハサミや電気メスで根元から切る方法は、一番早くてキレイに治ります。ただ、電気メスの場合は、赤みが残ったり、肌質によっては炎症性色素沈着になるリスクも多少あります。 炭酸ガスレーザーは脂漏性角化症におすすめです。

Q イボ・首のぶつぶつの除去治療はどのような方におすすめですか?

A 気になる方はどなたでもおすすめです。 まずはクリニックで診断してもらってから除去するのがいいでしょう。加齢や刺激、紫外線などで増え、自然には治癒しないからです。 当院でも「首は、他人からも見える部位なので除去したい」と希望されるいう患者さんは多いですね。

Q イボや首のぶつぶつの治療法が向かない人はいますか?

A ハサミで切る方法であれば、肌質や体質など関係ありませんので、向かない方はいないと思います。電気メスや炭酸ガスレーザーの場合は、一時的に赤みが出たり、肌質によっては炎症性色素沈着のリスクがあります。最初に医師の診断をしっかり受けることが大切ですね。

Q 3種類の施術それぞれに痛み、ダウンタイムや注意点はありますか?

A ハサミや電気メスは局所麻酔はするので、痛みは軽減されます。炭酸ガスレーザーの場合は一瞬なので、ほぼ麻酔はしません。炭酸ガスレーザーの場合は、数日間、薄皮ができるまでテープで保護します。電気メスや炭酸ガスレーザーである程度削った場合は2~3ヶ月赤く残ります。気になる方は、首を露出しない季節にやるといいと思います。 注意点としては、術後はUVカットのクリームを塗るようにしましょう。

Q イボ・首のぶつぶつの種類別の料金と目安の治療時間、効果効能持続期間を教えてください。また、治療後の注意点も教えてください。

A 3種類の治療法とも治療時間は5~10分程度です。カウンセリングなどを含めて30~1時間ほど見ていただければ大丈夫でしょう。イボやぶつぶつがいくつあっても1回で除去可能ですが、新たなものが何度も出てくる可能性は高いです。
料金は、1mmで¥5,000が目安としてありますが、イボやぶつぶつの数が多い場合、単純計算すると高くなってしまうので、カウンセリングと診察でご相談させていただきます。

(本サイトの金額は全て税抜き価格です)

取材・文:中尾 慧里 / Eri Nakao

ビューティライター / チャイルドボディセラピスト
スキンケア、メイクなどの美容や健康に関する取材、執筆を中心に活動。雑誌、ウェブ、美容メーカーのホームページやリリースなど多岐にわたり活躍する。

関連エントリー